お肌がくすんで見える

さまざまな肌トラブルで悩んでいる人がたくさんいますが、要因のひとつに加齢があります。よく加齢による肌トラブルの中でも見かけるのが、目元と口元の肌トラブルです。多く神経が集中しているのが、目元です。目元の皮膚は他のところに比べて薄いので、ちょっとした刺激やダメージですぐトラブルになります。紫外線によるダメージと、間違ったスキンケアを続けていることによる刺激が要因で肌トラブルになってしまうことがあります。

加齢による目元の肌トラブルで多いのは小じわとクマのほか、まぶたが痩せることもあります。加齢による口元のトラブルは、ほうれい線ではないでしょうか。ほうれい線というのは小鼻のワキから口角に向かって伸びている線のことです。それほど気にならないのは、肌にハリがある若いうちです。頬が全体的に下がってしまう原因は年とともに肌にたるみが出てくることで、ほうれい線がだまっていても出現してくるのです。お肌全体の加齢による肌トラブルは血行不良による顔のくすみです。

お肌がくすんで見えるようになるのは、肌の水分量が年齢とともに少なくなり、保湿機能がダウンするとターンオーバーが妨げられ、老廃物や角質が蓄積しやすくなることが原因です。加齢による肌トラブルは実にさまざまなものがありますが、早めの対策で改善することができるものばかりです。肌トラブルが起こる前にスキンケアなどをしっかり行うことは、美しい肌を維持するために重要なポイントになります。

タグ:

コメントは受け付けていません。